CO2フリー水素による産業エネルギーの化石燃料代替 『フ

CO2フリー水素による産業エネルギーの化石燃料代替 『フ。①。以下の『国際環境経済研究所』の記事の一節を読んで、下の質問にお答え下さい http://ieei or jp/2019/01/takeuchi190123/ (CO2フリー水素による産業エネルギーの化石燃料代替── 2050年でのCO2 排出80%削減に向けて)

『2.CO2を発生しない燃料── 水素エネルギーの国内情勢と現状
まず、水素エネルギー活用に関するわが国の戦略を整理したい 政府は2016年3月に「水素?燃料電池戦略ロードマップ」を改訂し公表している このロードマップでは、水素エネルギーの課題解決策を技術開発と時間軸の視点から大きく三つにフェーズを分けて示している(図2)

まずフェーズ1では、定置型燃料電池や燃料電池自動車の普及など「需要」の喚起を謳う 例えば、定置型燃料電池の発電スタックは水素を燃料として稼働するが、家庭に水素を供給するインフラは確立していない そのため、都市ガス?LPガスなどから水素を製造する「化石燃料改質技術」が用いられている このように、足下のフェーズ1では化石燃料改質方式を中心に水素製造技術を基礎としつつ需要を増やすことを目指している
中期的なフェーズ2では、喚起された水素エネルギーの需要を満たすため、供給力の確保を目指すとしている 水素製造技術はフェーズ1同様、化石燃料改質技術を用いるが、それではCO2排出削減には貢献しない そのためCO2の回収?貯留?利用技術(CCS?CCUS)と組み合わせることとされている CCS等の技術開発やポテンシャル確保も必要となり、現状では豪州で褐炭から水素を製造し、排出されるCO2については現地でCCSを活用する方法が検討されている 褐炭は大気に触れると発火する可能性があるが、産炭地または近傍で水素に転換してしまえば国際取引しやすいというメリットも期待されている
フェーズ1、2とも化石燃料改質であり利用段階ではCO2を排出しないとしても、水素製造段階でCO2が排出されるため、本質的にはCO2フリーのエネルギーとはならない またフェーズ2は海外からの輸入であり、自給率改善にも寄与しない 褐炭であれば原油?天然ガスなどよりも地勢的リスクは軽減するものの、水素製造国との互恵関係に依存する点では同じだ 』

① 『まずフェーズ1では、定置型燃料電池や燃料電池自動車の普及など「需要」の喚起を謳う』とは、既に始まっているではありませんか

② 『都市ガス?LPガスなどから水素を製造する「化石燃料改質技術」が用いられている このように、足下のフェーズ1では化石燃料改質方式を中心に水素製造技術を基礎としつつ需要を増やすことを目指している 』とは、エネファームの事を言っているのでしょうか

③ 『中期的なフェーズ2では、喚起された水素エネルギーの需要を満たすため、供給力の確保を目指すとしている 水素製造技術はフェーズ1同様、化石燃料改質技術を用いるが、それではCO2排出削減には貢献しない そのためCO2の回収?貯留?利用技術(CCS?CCUS)と組み合わせることとされている 』とは、二酸化炭素の回収?貯蔵?利用技術と組み合わさなければいけない訳ですね

④ 『現状では豪州で褐炭から水素を製造し、排出されるCO2については現地でCCSを活用する方法が検討されている 褐炭は大気に触れると発火する可能性があるが、産炭地または近傍で水素に転換してしまえば国際取引しやすいというメリットも期待されている 』のは、褐炭由来の水素を輸出する積もりなのですか

⑤ 『フェーズ1、2とも化石燃料改質であり利用段階ではCO2を排出しないとしても、水素製造段階でCO2が排出されるため、本質的にはCO2フリーのエネルギーとはならない またフェーズ2は海外からの輸入であり、自給率改善にも寄与しない 褐炭であれば原油?天然ガスなどよりも地勢的リスクは軽減するものの、水素製造国との互恵関係に依存する点では同じだ 』とは、ある意味で無意味という事ですか CO2フリー水素による産業エネルギーの化石燃料代替。フェーズ。とも化石燃料改質であり利用段階ではを排出しないとしても。
水素製造段階でが排出されるため。本質的にはフリーのエネルギーとは
ならない。またフェーズは海外からの輸入であり。自給率改善

EU。消費時にを排出せず。鉄鋼の製造などの排出量の多い産業でも利用可能
とされる水素エネルギーは。「欧州グリーンディール」の目標達成に必要な技術
として重視されており。欧州企業も水素一方で水素は主に天然ガスや石炭など
の化石燃料から生産されており。その結果。域内で年間,万から億トンの
二酸化炭素が放出されています。化石燃料由来の水素」。主に天然ガスの改質
や石炭のガス化など。化石燃料を使用したさまざまな工程から製造

① 先ずは、定置型燃料電池や燃料電池自動車水素自動車の普及で『需要』の喚起を謳うとは、既にトヨタ自動車のMIRAIやエネファーム等が普及し始めている事は御案内の通りであります。② 都市ガス?LPガスから水素を製造する『化石燃料改質技術』が用いられており、足下のフェーズ1では化石燃料改質方式を中心に水素製造技術を基礎としつつ需要を増やす事を目指すとは、エネファームも燃料電池自動車バス等の事を言っているのであります。③ 喚起された『水素エネルギー』の需要を満たす為には、供給力の確保が前提条件であり、水素製造技術はフェーズ1同様に化石燃料改質技術を用いるモノの、CO2の回収?貯蔵?利用技術CCSCCUSと組み合わせると、CO2の排出は極力抑える事が出来るのであります。④ 現状ではオーストラリアで褐炭から水素を製造し、排出されるCO2に付いては、現地でCCSを活用する方法が検討されているのであります。褐炭は大気に触れると発火する可能性が有るので、産炭又は近傍で水素に転換して仕舞えば、国際取引もし易いと言うメリットが期待されており、褐炭由来の水素を輸出しているのであります。⑤ フェーズ1、2共に化石燃料改質でありCO2を排出し無いとしても、水素製造段階でCO2が排出される為本質的にはCO2フリーのエネルギーとは成ら無いのであります。また、フェーズ2は海外からの輸入であり、自給率改善にも寄与し無いし、褐炭であれば原油?天然ガス等よりも地勢的リスクは軽減するモノの、水素製造国との互恵関係に依存する点からもある意味に置いては無意味とさえ言えるのであります。

  • ここがすごいぞ 虫ってか
  • プロが教える 的衣装ケースの方安いけれどっかりた会社で作
  • 動物名検索 動物か
  • 彼がメロメロ 今日あんまり言いたく無いけど嫁さん美人で綺
  • 春コーデ決定版 服のコーデついて全く興味なかったので色合
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です