X0=aKとなるX0は存在しX>X0のとき

X0=aKとなるX0は存在しX>X0のとき。任意の正の数をKとする。y=logaX(a>1)においてx→∞のときy→∞である証明は 任意の正の数をKとし (K=logaX0ゆえにX0=a^K) X0=aKとなるX0は存在し、X>X0のときy=logaXは単調増加(微分したらわかる)よりy>K 以上よりX>X0?y>KとなるXが存在するので lim[x→∞]logaX=∞ ほかの関数も同じようなやり方で証明できますか X0=aKとなるX0は存在しXgt;X0のときy=logaXは単調増加微分したらわかるよりygt;Kの画像をすべて見る。

任意の正の数をKとする。xa^kのとき、y=log[a]xは単調増加より、logxK.よって、lim[x→∞]log[a]x=∞.K=logaX0ゆえにX0=a^K定義されていないX0が出てきてわかりません。「X0=aKとなるX0は存在」→X0=a^KとなるX0は存在?X0の存在は自明に思えます。×XX0?yKとなるXが存在するので〇全ての正の実数xに対して、XX0?yKであるから、

  • エピソード 後?今回トウマ君ナツメちゃん二人でシャドウサ
  • 知っておきたい レッカー代ったいないのでできればトントン
  • 自宅のWi ルーターあまり問題ない思っているの変えれば改
  • 8月3日月 英語の宿題分ないの解いて下さい
  • 横断歩道は歩行者優先です 昼間自転車の一時停止怠りまて交
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です